2009年11月20日

springとstrutsの連携

ちょっと現場の開発環境で必要なのでやってみました。

調べてみるといくつか方法があるみたいで
今回はDelegatingActionProxyを使用して連携ということで

struts-config.xml:

・プラグインの設定
 これでSpringのBean定義ファイルを読み込むようです。
<plug-in className="org.springframework.web.struts.ContextLoaderPlugIn">
<set-property property="contextConfigLocation" value="/WEB-INF/applicationContext.xml"/>
</plug-in>


・Action定義
 typeにDelegatingActionProxyを指定します。
<action path="/FooAction"
name="FooForm"
type="org.springframework.web.struts.DelegatingActionProxy">
<forward name="success" path="/jsp/Hoge.jsp"/>
</action>


applicationContext.xml:
最近はbeanひとつひとつの定義がなくて便利
<context:component-scan base-package="org.sample.action"/>


・Actionクラス
アノテーションでstruts-configのpathに指定しているアクションパスを記述

@Service("/FooAction")
public class FooAction extends Action {

}

これでおけ!こりゃ楽だ

あぁspring2.5以降からなのかな?、spring.jarの中にDelegatingActionProxyなくて軽くアタフタしました、、、
spring-webmvc-struts.jarにあるようで、、、ちうことで一応必要なjar
・ spring.jar
・ spring-web.jar
・ spring-webmvc-struts.jar
posted by しお at 12:55| Comment(1) | TrackBack(0) | Java
この記事へのコメント
大変参考になりました。
ちなみにspring-web.jarはspring.jarに含まれているみたいで、不必要みたいです。
Posted by at 2010年06月08日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33753285

この記事へのトラックバック